葉山 パッパニーニョのオンラインショップ
ホーム
ご注文
コーヒー
ココア・チョコレート
ギフトセット
ラベルのカスタマイズ
ご注文方法
カフェ
葉山 パッパニーニョ
メニューサンプル
アクセス
パッパストーリー
葉山珈琲の入れ方
info
当店のコーヒーについて
オマンヒニについて
商品取扱い先
マメオブログ 随時更新 
開店10周年のご挨拶
特定商取引法に基づく表示
お問い合わせ先
パッパニーニョ テラス席
葉山 パッパニーニョ
パッパニーニョには豊かな自然環境の中でお客様にゆったりとくつろいで頂ける席を20席設けております。 コーヒー豆が切れたと駆け込んでいらっしゃる奥様、原稿の題材を考えていらっしゃる小説家の先生、 お友達を連れていらっしゃる方、1人静かに読書なさる方。今後もお客様がホッと落ち着つける癒しの空間を提供させて頂ければ幸いです。
お天気の良い日はお外で富士山をながめながらコーヒーをお楽しみ頂けます。自然の中で飲むコーヒーはやっぱり最高!海辺のお散歩帰りにワンちゃんと一緒にコーヒーを楽しまれる方もいらっしゃいます。風のBGMを聴きながら、降りそそぐ太陽を浴びながら、コーヒーを香り味わう。都会のカフェとは一味違う、葉山ならではの雰囲気をお楽しみ下さい。

コーヒーを最高の状態で味わって頂くために、パッパニーニョでは毎回ご注文を頂いた後に豆を挽き、お客様の目の前にコロコロとワゴンをひいて行き、「美味しくはいりますように!」と心を込めながら丁寧にドリップしています。このコーヒードリップの時間はお客様との大切な コミュニケーションの時間として使わせて頂いています。コーヒーはお湯を注ぐ事によってまるで生命を得たかのように素晴らしい香りを放ち始めます。遠方のお客様との葉山のお話、常連のお客様とのたわいのないお話、こういったお客様とのコミュニケーションが加わる事によって、コーヒーはもっともっと美味しくなれるのです。
※ワゴンサービスは店主在中時のみ。
一言でカフェと言っても様々な形態があります。しかしそのほとんどが待ち合わせや暇つぶしの場所として使われる単なる「通過点」に過ぎません。パッパニーニョが目指すカフェ…それは人々が最終地点として目指す場所。人と人との会話や触れ合いがある場所。お店だからって商品ばかり陳列したくないという思いから、店内には十余年に渡る欧州生活の中で自然と集まった数々のインテリアが置いてあります。誰かの家に遊びに来たようなアットホームな空間の中で、香り高きコーヒーをお楽しみ下さい。
店内かしこに見られるサッカーグッズ。ワールドカップのような形をしたものもあれば、テーブルマットとコースターは1966年W杯イギリス大会のもの。メキシコ大会のものもあれば、お手洗いの人形までサッカー(笑)。そして店内奥に飾ってある、ドイツの皇帝ベッケンバウワー氏による色紙。実はベッケンバウワー氏はパッパニーニョの名づけの親。2002年W杯の時にお店を訪ねて下さる予定でしたが、ドイツが決勝まで勝ち進んだため残念ながらお時間がありませんでした。代わりに彼をイメージしたカイザー・ブレンドをお土産でお持ち帰りいただきました。

パッパニーニョはサッカー関係者が出入りしている、ちょっと不思議なカフェなのです。

(c) Hayama PAPPANINO. All rights reserved.